読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバーグハンターよのせな団

美味しいハンバーグを求めて

御茶ノ水ザ・ハンバーグ『ハンバーグ250㌘』

専門店
どうも。更新不定期なブログやってます、Rです。
年がいつのまにかあけてました。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ハンバーグハンターを名乗りながら、敷居の低いチェーン系ばかりを攻めていましたが、今回はそれっぽい、隠れ名店です。

御茶ノ水の『ザ・ハンバーグ』。
キッチンカロリーというボリューミーな洋食屋さんの三階にあります。
入り口が細く階段も細長いので見落としそうな場所でした。
でも、「てごねハンバーグ」という文字にアンテナ張っていれば大丈夫!
すぐにいざなわれます。

券売機でメニューを選びますが、
なんと、1500グラムまで選べる!
50、100グラム増量券もあり、ハンバーグの大きさにこだわる方には最高でしょう。

私は250を選択しました。1150円です。
(どれもライス、スープつきです)


店内は広くなく、テーブル無しの懐かしい雰囲気。
キッチンの前のカウンターで、渋さのある店員さんがハンバーグを作る音を聞きながら、店内の様子をボケッとみてました。
(BOOWYの高橋さんのサインなどあります)

そして、きました!!


f:id:hghyonose:20170226115422j:image

手作り感!やはり250グラムは小さい!

おろしに醤油か

f:id:hghyonose:20170226115622j:image
こちらの、ぽん酢をかけて召し上がってくださいと
説明がありました。
あっさりで食べれるというわくわく感。
考えるまでもなく、お箸を手に取りました。

でまずはなにもつけず一口。

f:id:hghyonose:20170226115819j:image

肉!!!
この素朴な見た目からは想像できぬほど
肉の味がじわああと口に広がりました。
「あかん、これうまいやつや。」

ぐにゃ、じゃなくて、つなぎが少ないからこそのポロポロ感。
ポロポロの中にうまみがつまってて
それが溢れてく感じです。

美味しいハンバーグって、やっぱり食べるのがもったいなくなってしまうんですよね。
食べたい、が、食べたくない、
という気持ちの揺れと戦いつつ
おろしにつけて、バクバク食べました。

私はぽん酢でたべましたが
ほんとこれがめちゃくちゃあう。
肉の味をいかしつつ、広がる味をきゅっとしめる感覚ですね。

焦げ目の部分はカリカリとして歯応えを楽しめました。

ツケアワセも良いお味で、あっという間に完食。
美味しかったー!!!
でももうひとかたまりたべたい!!
それが素直な感想です。
あっさりと食べたからか、そういうハンバーグだからか、まだまだ食べれる感がありました。
今度は400グラムに挑戦しようかな、と思えます。

とっても美味しい。
けれど、手作り感溢れ、よくも悪くもどこか超越してるとこもあるチェーンのものとは違い、ハンバーグの範疇にいる。
(こいつ、誰よりハンバーグしてる!っていうかんじ)

ハンバーグ以上ハンバーグ以下
つまり
ザ・ハンバーグ ってことだろう。
(どや顔)


ちなみに姉妹店が高田馬場にもあるそうです。
この日は夕方の微妙な時間だったからかすいていまして、他に男性一人のお客様が二人きていました。

【評価】
味:★★★★★
見た目:★★★☆☆
食感:★★★★☆
ソース:なし
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆