読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバーグハンターよのせな団

美味しいハンバーグを求めて

松屋『ブラウンソースハンバーグ定食』

第一回は、、
全国どこにでもある(多分)牛丼チェーン、
松屋さん!

記念すべき第一回が牛丼屋とは
一体誰が予測しただろうか!

ということで食べました。
他の牛丼チェーンとは違うハンバーグメニュー
『ブラウンソースハンバーグ定食』
590円
f:id:hghyonose:20160531222359j:image

見た目はとっても美味しそう。
Y『白いのは多分生ミルクかな』

割ってみた。

f:id:hghyonose:20160531222507j:image

ぎっしりだ。

さてさて一口目の感想は
R『おいしい』
Y『普通にうまい』

素朴なハンバーグに、あまあじ濃い目のソースがよくにあっている!
肉にくしさはないものの
肉らしい味はし、臭みはない。

家庭の煮込みハンバーグを沸騰とさせる
旨味がある。

Y「パ○コにあるバケッ○のハンバーグと似たり寄ったり」
コスパが高評価。


それ以上に特筆すべき点はないが、
第一回としては上出来だ。

ハンバーグを食べたいが、冷凍などはいやだし
作る気もない、金もない

そんな人のハンバーグ欲を気軽に満たしてくれる
最も身近なハンバーグさんであった。


ただ、牛丼屋に行くと
牛丼も食べたくなる。
牛皿をここにくわえると
900円近くになって豪華なディナーとなってしまうため、
是非とも牛皿をお安く提供してほしいものだ、という気持ちが残りましたとさ。おわり。

【評価】
味:★★☆☆☆
見た目:★★★★☆
食感:★★★☆☆
ソース:★★☆☆☆
油:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆


ハンバーグハンターよのせだ団とは

美味しいハンバーグを食べた時
肉汁とよだれと笑みがこぼれた
そんな経験はないだろうか、、

ハンバーグ
それは、その文字を読むだけで
口中が唾液に包まれる人類の発明である


ハンバーグハンターよのせな団は
ハンバーグにしぼり
ハンバーグを追及していく二人組

その名も
「ハンバーグハンターよのせな団」
ハンバーグハンターでも、よのせな団でもない
ハンバーグハンターよのせな団なのだ
肉とつなぎを切り離すことは出来ない
それと、同じである

ここで簡単に
団員を紹介する

団員1 『R』
特に好きな食べ物は
鶏肉、じゃがいも、餃子
好みとしてはしょっぱいものを好むが
時に甘味も必要とする
太る、という概念が敵である

団員2  『Y』
好きな食べ物は
お好み焼き
料理の塩加減にうるさい
無類のグミ好き


我々をのせた船は
もう港を出発している
冒険の旅は、もう始まっているのだ!
探せ!美味しいハンバーグを!
探せ!未知なるハンバーグを!




そんな感じで
時にトークを織り混ぜながら
ハンバーグに関する記事を書いていこうと思うのです。