読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンバーグハンターよのせな団

美味しいハンバーグを求めて

ガスト『ハンバーグステーキ』

チェーン店 レストラン
はい、こんばんは。
なかなか暖かくなりませんね。
日本の冬は長い!!
からこそ、春が嬉しいんですけどね。

さてさて今回のハンバーグは
実にこのブログらしい
うん実によのせな団である、、

誰でも知ってるファミレス
ガストのハンバーグステーキ!!!

単品、税込みで485円です。
ガストは作業用によくいくんですが
今日は勢いで頼みました。


f:id:hghyonose:20170301004821j:image

意外と大きく
冷凍感無い見た目。
マンマルを予想してただけに
期待度があがります。


f:id:hghyonose:20170301005004j:image

割ってみると、
ああ、だよね、って感じの
妙な安心感。
決して良い意味ではないが
悪い意味でもない。

(ハンバーグは割った時にそのハンバーグのもつポテンシャルがある程度感じられるのかもしれない)

ソースはドミソース。(デミグラス)
つけてほしそうにプレートに乗っているが、
まずは何もつけずに食べてみた。

おお、案外いける!!

さすが、ファミレス界の明石家さんま。(適当)
ガストさん、低価格での美味しさを追求していますね。

もさもさとしたツナギ感は強いものの
味わおうとして噛み締めれば肉の味はするし、
ほのかに加えられてる塩分も丁度良い。
焼きの味というのでしょうか。
それもあります。

一応テーブルの塩で食べてみたけれど
塩味がういて微妙だったので、
待ってるドミソースで完食しました。

ソースは濃いめでしっかり
ハンバーグの物足りなさを補っていました。

素朴な洋食屋でだされたら
納得してしまいそうなレベルではありました。

さすが、ファミレス界の(以下略)

価格も安いですし、よくも悪くも
ガストのハンバーグでした。
美味しいハンバーグは最後の一口まで勿体なさを引きずりますが、
普通なハンバーグは最後の方は無感情になる。
それを味わいましたね。

でも、美味さはあります。
ワンコインでハンバーグを楽しみたい方は
丁度良いでしょう。


【評価】
味:★★☆☆☆
見た目:★★★☆☆
食感:★★☆☆☆
ソース:★★☆☆☆
コスパ:★★★★☆

総合:★★★☆☆

御茶ノ水ザ・ハンバーグ『ハンバーグ250㌘』

専門店
どうも。更新不定期なブログやってます、Rです。
年がいつのまにかあけてました。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

ハンバーグハンターを名乗りながら、敷居の低いチェーン系ばかりを攻めていましたが、今回はそれっぽい、隠れ名店です。

御茶ノ水の『ザ・ハンバーグ』。
キッチンカロリーというボリューミーな洋食屋さんの三階にあります。
入り口が細く階段も細長いので見落としそうな場所でした。
でも、「てごねハンバーグ」という文字にアンテナ張っていれば大丈夫!
すぐにいざなわれます。

券売機でメニューを選びますが、
なんと、1500グラムまで選べる!
50、100グラム増量券もあり、ハンバーグの大きさにこだわる方には最高でしょう。

私は250を選択しました。1150円です。
(どれもライス、スープつきです)


店内は広くなく、テーブル無しの懐かしい雰囲気。
キッチンの前のカウンターで、渋さのある店員さんがハンバーグを作る音を聞きながら、店内の様子をボケッとみてました。
(BOOWYの高橋さんのサインなどあります)

そして、きました!!


f:id:hghyonose:20170226115422j:image

手作り感!やはり250グラムは小さい!

おろしに醤油か

f:id:hghyonose:20170226115622j:image
こちらの、ぽん酢をかけて召し上がってくださいと
説明がありました。
あっさりで食べれるというわくわく感。
考えるまでもなく、お箸を手に取りました。

でまずはなにもつけず一口。

f:id:hghyonose:20170226115819j:image

肉!!!
この素朴な見た目からは想像できぬほど
肉の味がじわああと口に広がりました。
「あかん、これうまいやつや。」

ぐにゃ、じゃなくて、つなぎが少ないからこそのポロポロ感。
ポロポロの中にうまみがつまってて
それが溢れてく感じです。

美味しいハンバーグって、やっぱり食べるのがもったいなくなってしまうんですよね。
食べたい、が、食べたくない、
という気持ちの揺れと戦いつつ
おろしにつけて、バクバク食べました。

私はぽん酢でたべましたが
ほんとこれがめちゃくちゃあう。
肉の味をいかしつつ、広がる味をきゅっとしめる感覚ですね。

焦げ目の部分はカリカリとして歯応えを楽しめました。

ツケアワセも良いお味で、あっという間に完食。
美味しかったー!!!
でももうひとかたまりたべたい!!
それが素直な感想です。
あっさりと食べたからか、そういうハンバーグだからか、まだまだ食べれる感がありました。
今度は400グラムに挑戦しようかな、と思えます。

とっても美味しい。
けれど、手作り感溢れ、よくも悪くもどこか超越してるとこもあるチェーンのものとは違い、ハンバーグの範疇にいる。
(こいつ、誰よりハンバーグしてる!っていうかんじ)

ハンバーグ以上ハンバーグ以下
つまり
ザ・ハンバーグ ってことだろう。
(どや顔)


ちなみに姉妹店が高田馬場にもあるそうです。
この日は夕方の微妙な時間だったからかすいていまして、他に男性一人のお客様が二人きていました。

【評価】
味:★★★★★
見た目:★★★☆☆
食感:★★★★☆
ソース:なし
コスパ:★★★★☆

総合:★★★★☆

炭焼きレストランさわやか『げんこつハンバーグ』

チェーン店 レストラン
更新おくれました。
その間ハンバーグは食べたり食べなかったりだったんですが
少しモチベーション低迷期でして、更新できませんでした、、ハンター失格ですね、、

しかし!
そんな停滞をふっとばすほどのハンバーグを食べてきましたよ!!
今回は私がこよなくあいするハンバーグ!
というか、肉の塊!!
多分今では知名度も全国レベルの静岡県内のみに、チェーン展開している
炭焼きレストランさわやか『げんこつハンバーグ』!!! 税込1058円!!

なんでしょうねえ
ここのハンバーグは!
もう昔から何度も食べてるんですが
ハンバーグだけどハンバーグじゃない感が
半端ない(ほど、うまい!てことです。誉めてます)にくにくしい肉の塊なんですよ!


f:id:hghyonose:20161007165109j:image

こうきて

f:id:hghyonose:20161007165141j:image

切られてつぶし焼きされこうなります!




じゅわっ


f:id:hghyonose:20161011013711j:image

あかっ!!!

そう、ここの売りは生焼け。
というか、生!!!

外は焼けてるのに中は生!!
だからこそ、肉の味がごわあああと
口に広がります。
焼けた味と生の味。噛み、そして柔らかくなる(ガブッ→にょめっ)という感じ。
これが味わいぶかさを出している。

一口で『にくっ!!!』と思える。
肉の味が濃いいんです。

ちなみにソースはデミグラスとオニオンがあるのですが、オニオンを選ぶのが普通というか人気というか、普通みたいです。
選んだものを、店員さんがかけてくれます。

が、通は「かけないでください」
と伝え、はじめは塩コショーだけで、肉の味を楽しむ模様。


ハンバーグは、牛100%つなぎなし。
静岡県外に出ると牛を新鮮な状態で提供出来なくなるため、静岡限定チェーンとして、今後も猛威をふるうそうです。


店舗によって、そして作る人によってもその味は微妙にかわるようですが
静岡にいったら是非是非
試していただきたい逸品です。


評価はもう
私の中でハンバーグの王なので
満点です。
「よだれたれるで賞」を
あげときます。



ビッグボーイダイニング『100%ビーフハンバーグ』

チェーン店 レストラン
お散歩していたところ
たまたまみつけたビッグボーイ

元々ビッグボーイの大俵ハンバーグに強く感動していたのもあり、吸い込まれるようにはいっていった。

そしてメニューをひらき大俵の文字を探す。

しかしながら、三度見直してもそこにその文字はなかった。
そして気づいた。

ここは、ビッグボーイではなくビッグボーイダイニングだったのだ!!!


そんなものがあるとはしらず、テンションは一気に下がった。
あのまんまるハンバーグがこの店はないと言う事実、、

出ることも考えたが、他のハンバーグでもレビューはかける。
そう思うことで気持ちを持ち直し、
そして注文しました。
一番その味にちかそうな
「100%ビーフハンバーグ」990+税 円。

f:id:hghyonose:20160723233126j:image
非常にシンプル。焦げ目がしましま。


f:id:hghyonose:20160723233231j:image

見た目にボリュームはないけど
れっきとしたビーフ100%。
つなぎはない。

焼きすぎてる訳ではないが
モフっとした食感に、
焦げ目のカリッがアクセント。
肉の味はするが、素朴な感じ。

(ソースはデミバターを選択。テーブルの岩塩で食べるのも良かったが、ソースが深みありな好きな味だった)

大俵をアメリカのカウボーイの息子とするなら、
これは、農家の息子である。

素朴だが、しっかりアメリカンなのがポイントですね。
肉肉しすぎず、でも肉。
ライバル不在感のあるハンバーグでした。

大俵を意識してしまうので
評価はきびしめ、ごめんね

【評価】

味:★★★☆☆

見た目:★☆☆☆☆

食感:★★☆☆☆

ソース:★★★★☆

コスパ:★★☆☆☆


総合:★★☆☆☆

カウボーイ家族『ダンガンアンガスハンバーグ』

チェーン店 レストラン

今日はYが書き込みます。

 

ハンバーグを見ていく時、僕の重要な視点は「ソーセージ味」でない事です。高いタイプの高級志向のハンバーグは時たま、ハンバーグなのに固めのソーセージ臭が半端ない味わいと歯触りの物があります。

 

そう、僕、ソーセージ嫌いなんです笑。

 

そして何より重要な事は、肉本来の食感と味わいが大切なのです。しかしながら、それはレアな牛ステーキ風しか認めないように捉えられがちですが、いえいえ、家庭的ツナギ多めフワフワジューシーハンバーグも大好きなのです。

 

この2タイプを常に追い求めています。

 

さて前置きが長くなりましたが笑、、、

今回食べましたこのダンガンアンガスハンバーグ!かなりツボリました!荒削りで馬鹿アメリカンなテイストではありますが、少々焼き過ぎ感はありますが、僕的には前述した内容かなりハマっている気がします。

 サラダバーつき。

300グラム 1500円。


f:id:hghyonose:20160625010316j:image


もちろん岩塩で頂きました。


f:id:hghyonose:20160625010332j:image

付け合わせのソースはあまり好きな味でなかったです。

という事で皆さんにも是非オススメしたい一品です。

 

【評価】

味:★★★★☆

見た目:★★☆☆☆

食感:★★★★☆

ソース:★☆☆☆☆

コスパ:★★☆☆☆

 

総合:★★★☆☆

つばめキッチン『つばめ風ハンブルグステーキ』

レストラン チェーン店
きました
『つばめキッチン』

以前一度だけ「今まで食べたハンバーグで一番うまいから」
と大人の知人につれていってもらったことのある
つばめキッチン

当時は若かったとしみじみ
味など覚えちゃい無いので
絶対またいってやると思っていたのだ

ちなみに今回はアトレ品川店のつばめキッチン殿に、R一人で行ってきました


等ブログは、純粋にハンバーグのみを追うコンセプトであるので、
店の雰囲気、接客、ハンバーグ皿の付け合わせには触れないようにしようと
思っているのだが、、

つばめキッチン。そこはとても活気に溢れたお店であった。(他言いたいこと(付け合わせ、サービスの良さ)は唾と共に飲み込む)

はい。
今回頼むのはもちろん、看板メニューである
『つばめ風ハンブルグステーキ

ランチセット(パンorライスつき)
1180円。

f:id:hghyonose:20160616144238j:image

アルミ袋に包まれた状態でやってきて
それをフォークとナイフで開けるのだ!
なお意気込んで来ただけあり
緊張して上手くは開けれなかった模様。

おいしそううう
もう見た目がね
多分、犬がいつものカリカリじゃなく
高い缶詰の美味しそうな様を見たような心境ってこんなんだろうと思う。

上にとろとろビーフが乗っており、
それがまた、ハンバーグの小ぶりさを補うよう。

f:id:hghyonose:20160616144933j:image

お肉ぎっしり。
キラキラとした肉汁もたれだす。

ちなみにソースは、
ソースというか、ビーフシチューそのもの。

踊る気持ちを押さえつつ
一口ゆっくり食べてみると、
正直 ほう、こんなものか、
と思ってしまった。
しかしながら、やつはけっこう歯応えがあり
噛み噛みしているうちに、その味が口に広がり始めた。

肉だ!!!!!

当然のことながら、再確認。
噛めば噛むほど、肉らしさと味わいが溢れてくる。
ビーフシチューは素材の味が混ざりあい
一丸となって、深みをもったしょっぱい余韻を口に残していく。

なるほど。

にくにくしい系のハンバーグが一口めで感じさせるものを、
よく噛むことで発揮させるのが、このハンバーグなのだな。
ハンバーグの系統の奥深さを知った。

このハンブルグステーキというのは、
後味が魅力的というか官能的であり、だからこそ人気があるのだろう。

ただの美女ではないというわけだ。
和風洋食のトップという感覚。
一口一口を大切に噛みこんで、
心身ともに満足した一時であった。


ただ、普段はコスパ重視の私たちからすると
やはり量が少なく感じる。
一口一口にそりゃ慎重になるわ。
それが、良さでもあるけれど。
ランチであれば大満足。
ディナーだったら満足になる感じでした。

【評価】
味:★★★★★
見た目:★★★★★
食感:★★★★☆
ソース:★★★★★
コスパ:★★★☆☆

総合:★★★★☆

SEIYU『チーズハンバーグ』

惣菜

ハンバーグハンターよのせな団は
飲食店の提供するハンバーグだけでなく
スーパーの惣菜、冷凍食品などにも
突き進んでいきます。


ということで、本日は
カカクヤスクで有名なエブリデイディスカウントのスーパー
SEIYUさんの『チーズハンバーグ』

セイユーでは、数多くの惣菜もカカクヤスク取り揃えてあり、その中のひとつです。


f:id:hghyonose:20160601220237j:image
158円。

普通サイズのハンバーグにチーズがかかっています。

まあまあおいしい。
味付けが濃い分、肉の味はしないが
ボリュームは多少感じられる。
こりこりとした食感があり、
これは軟骨入りつくねを思い出した。
鶏肉もけっこう使われてる感。

かなりしょっぱさを感じた。
あと、弱い私のお腹が刺激された。
(ぎゅるぎゅると)
油ですかね?
結構、腹にも残ります。


でもこれまた、松屋さん以上に
ハンバーグ欲を気軽に満たしてくれるものには違いはない。
ハンバーグ、ぽいやつ、といわれても頷いてしまうけれど。

ラベルにはたくさんの原材料がかかれていたが、
これは格安スーパーの惣菜であるので、仕方ないです。それも込みで、スーパーの惣菜だと思いましょう。


では、飲食店以外としての
評価でいきます。


【評価】
味:★★☆☆☆
見た目:★★★☆☆
食感:★★★☆☆
ソース:☆☆☆☆☆
油:★★★☆☆
コスパ:★★★★★

総合:★★☆☆☆